アクセスカウンター  








counter





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

越谷に遊びに行きたい方におすすめのスポット


越谷には公園に遊びに行きたい方におすすめのスポットが多くあります。しらこばと水上公園は埼玉県営の都市公園で、名前は県の鳥であるシラコバトにちなんで付けられました。この公園にあるプールは県営のものの中では最大の規模で、種類もとても多いです。プールの種類は流水プールや変形プール・造波プール・スライダープールなどがあります。遊びのための施設はプールの他にも、ボールプールやミニゴルフ・釣堀・卓球場などがあります。夏休みの間には東武スカイツリーラインの北越谷駅と埼玉高速鉄道線の浦和美園駅から直通バスが運行されています。越谷・葛西親水緑道は柳町の柳橋付近から、県道越谷八潮線しらこばと橋の近くまでおよそ1.3kmある緑道です。ここでは6月の初めから7月の半ばまでニホンアジサイと西洋アジサイが約900本咲いていて、6月の初旬から7月の下旬まで峰紫や桃霞・名城の雪などの菖蒲が咲いています。長いベンチが続いているので好きなところで菖蒲を見ることができます。越谷梅林公園は越谷市の大林にある公園で、この公園周辺の大林や大房地区は梅の名所として古くから知られています。その名残を残すために市が梅林公園の整備を進めました。この公園の敷地はおよそ2.56haあって白梅・紅梅や白加賀・晩白加賀など約240本の梅が植えられていて、この他にも33種類66本の梅の木が梅の見本園として植えられています。梅の花が咲いているだけでなく、児童広場や生垣広場・ゲートボール場が設置されているなど遊びのスポットとしても利用できます。また3月上旬に2日間にわたって梅まつりが行われます。

 

越谷は江戸時代に宿場町として栄えました。
昔は「越ヶ谷」という漢字が使われていましたが、1954年に「越谷」となりました。
合併によって越谷町が誕生した際に越ヶ谷町と区別するためです。
現在でも越谷市の中心地の地名は「越ヶ谷」という地名が使われています。
越谷から

越谷には特産物を販売する物産展示場があります。特産物の展示もしていて手工芸品などが販売されています。
越谷駅北側高架下にあります。観光客などたくさんの人が訪れています。
越谷の話

東武伊勢崎線が南北に走っています。JRは東西に横切っているのが特徴です。
この2つの路線が重なる地点は市の中心地であり、南越谷駅と新越谷駅はターミナル駅です。
ヴァリエなどの商業施設の数も多く、買い物の楽しめるのは魅力のある街です。
越谷から 暮らしてみる?

越谷は埼玉の主要都市ですが、そこでの遊びとなると思いつかないという人も多いのではないでしょうか。
基本的には人が住んで生活する場所ですから、レジャー施設などはあまりないのですが、人が住むという事は家族も多いという事ですから、ファミリー向けの遊び場はあります。
越谷で遊べ

Copyright (C) zqi.f-counter.info. All Rights Reserved.